メニエル病と更年期障害の関係性

【人気記事】更年期障害が1年で良くなった私の3つの方法

【注目記事】メニエル病と更年期障害の関係性

メニエル病

23歳でメニエル病発症

栃木 タカコ 44歳の主婦です。

私は、23歳の時にメニエル病を発症しました。

最初は仕事中に、ぐるぐるとめまいが起きて立っていられなくなり、吐き気がひどく、家に送ってもらい、自宅療養しました。

2〜3日すると治ったので、その時はあまり気にしていませんでした。

しかし、その後また忙しくなってきた時に、突然のめまいが発症して、耳鼻咽喉科に行くと「メニエル病」と診断されてしまいました。

耳鼻咽喉科では、薬を出されて「休養するように」と言われて、その後3ヶ月にも渡り休養しました。

自分でもいつめまいが来るか分からない恐怖と、右耳の耳鳴りが激しくて、聴力も落ちてしまい、このままどうなるのだろうという不安もありました。

大きな病院にも2つ行き、いろいろな検査も受けました。

大学病院では「これがメニエル病だ」と教授医師が医学生たちに私の目の前で私のカルテを見せるようなこともありました。

いろいろな検査をしても、結局は高い検査代と、めまいを止める薬を処方されて終わりで、結果何も変わりませんでした。

薬もかなりきつい薬で、服用すると動悸がしたり、息が苦しくなったりしたのでやめてしまいました。

薬代もかなり高価だったこともあります。

鍼灸や整体で予防する日々

発作がおこらないように、それからもすごく気をつけました。

右耳の難聴は仕方ないと思ってはいるものの、人と話す時には必ず左耳で聞ける位置に移動しました。

ある程度すると、「私右耳の聴力が落ちていて、ごめんなさい」と言うこともできるようになりました。

ただ電話は左耳でしか聞けないので、とても神経を使い疲れました。

電話嫌いになりました。

少し疲れがたまると、軽いめまいがしてくるので、鍼灸に通ったり、整体にかよったりして自分の体のケアを心掛けました。

整体の先生からは「胃腸が弱いから、とにかく胃腸を強くするといい」というアドバイスもいただきました。なので、コーヒーやアルコールは控えて、消化の良い物をとるように気をつけて、油っぽいものや暴飲暴食をしないように注意してきました。

長い間、気をつけながら、無理をしないように過ごしてきたのです。

40歳を過ぎて、突然の発作

しかし、40歳を過ぎた頃、仕事が忙しいのと、子供のPTAの役員を受けてしまい、さらに忙しい毎日になってしまいました。

気疲れもするし、ラインなどでのやりとりも絶え間なく続くことから、気持ちが休まる時がありませんでした。

家で子供が寝てからPTAの仕事をしたり、ラインでやりとりをするなど、過酷な日々が続き、しまいの果てには、激しいめまいと吐き気で倒れてしまいました。

それは「発作」と言えるくらいひどいもので、吐き気もひどく、今思い出しても怖くなります。

ぐるぐる回るし、吐き気もあるしで、何も食べられず、歩けないことから、夫は「死んでしまうのではないか」と本気で心配したそうです。

なんとか発作から2日目に内科にかかり、点滴を受けてから、めまい止めの薬を飲んで、1週間後にはなんとか歩けるようになりました。

ただ体が弱ってしまい、また吐いてしまうのではないかという恐怖からあまり食べられなくなり、1ヶ月間寝て過ごしました。

テレビも見れないし、本も読めないのでいろいろ考えてしまい、辛かったのですが、その間、夫が家事全般をしてくれて本当に感謝しています。

今から考えると、更年期障害もあったのかもしれません。とにかく調子が戻るのに時間がかかりました。

ある1冊の本との出合い

発作が起こってから1年が経ち、今では普通に生活することができています。

発作後、しばらくはめまい止めの薬を服用していましたが、根本的には良くならないと思い止めました。

鉄分不足でもめまいにつながると聞いて、鉄分補給のサプリメントをネット通販で買って飲んだりしています。

鍼灸にも整体にも通っていて、疲れたらすぐ休むようにしています。

今でもときどき、右耳の閉塞感がある時があるので、耳鼻咽喉科に行き経過をみてもらっています。

メニエル病は、内耳にある内リンパ液が過剰になる、内リンパ水腫になっているため起こる病気だそうです。

ストレスや睡眠不足、疲労、気圧の変化、まじめな性格などが原因とされていますが、まだ詳しい原因がはっきりしていない病気とも言われています。

今野清志日本リバース院長著の

「耳は1分でよくなる〜薬も手術もいらない奇跡の聴力回復法」には

「耳をよくするには腸をよくしろ」その理由は、腸が耳の健康に必要な血液の流れに1番大きな影響を及ぼす器官だからです。

人間の内蔵には、食物を消化、吸収してエネルギーに換え、老廃物を排泄する働きがあります。…最後の出口である、腸の動きが鈍ると、代謝を含む、すべての機能が低下してしまいます。

…大腸、小腸を中心とした内臓の働きが衰えれば、当然血流も悪くなってしまいます。…内臓の中でも、最も大きな面積を占める大腸の働きが自律神経の働きと深い関係がある…

とあります。数年前に整体の先生に言われたことは、ウソではなかったとあらためて思いました。さらにこの本の中で1番私のこころに刺さったのは

耳のトラブルは、あなたの体が「生活習慣を変えてほしい」と訴えているサインだといってもいいでしょう」

という一文でした。

「生活習慣」は、そんなに悪いほうではないと思っていましたが、

1、朝、起き抜けにコーヒーを飲んだり

2、ビールが好きなために、2日に1回は飲んでしまったり

3、完璧主義なために、いろいろ心配したり、神経質になったり

4、運動をしていなかったり

と、良く考えたら腸や内臓のためや、血流のために良くないことを積み重ねていたと反省しました。

↓ ↓ ↓

朝、起き抜けは白湯にする。

ビールは1週間に1回だけ飲むことにする。

くよくよしたり取り越し苦労をやめて「まっ☆いっか!」をモットーにする。

ウオーキングなど軽い運動をする。できない場合は、家の中で階段の登り降りを多めにする。

などを心掛けました。

耳を良くするために腸を良くする

さらには、「腸の働きを良くする」ことを思いつかなかったのですが、「病気にならない生き方」著者の胃腸内視鏡外科医の世界的権威者の新谷弘実博士の「新谷酵素」が腸にすごく良いと聞いて、買ってみました。

新谷酵素

それまで、クロレラとか、鉄分とかは飲んでいたのですが、酵素は初めて飲みました。酵素は本来、人間の生命活動にはなくてはならない成分のはずが、農薬使用の野菜や加工食品、電子レンジの普及などによって、本来食物から摂れるはずの酵素がとれなくなっているそうです。

新谷博士は、「胃相、腸相(胃や腸の様子)が良い人は、心身ともに健康で、酵素を効率的に補う食生活を送っている」ことに気づき、熱で効果が減らない、生きた酵素を作ったと言われています。

新谷酵素

新谷酵素

 

更年期障害でも「めまい」があると聞いて、メニエル病もあり、更年期障害も入っていて、こんなにしんどいのかと思っていました。

生活習慣に気をつけて、新谷酵素を飲み始めてからは、かなり調子が戻ってきて、外出も少しずつできるようになってきています。

完治まではしていませんが、新谷酵素はもう手放したくないなと思っています。

あれだけ大好きだったビールも、体に良くないと思うと最近ではほとんど飲まなくなりました。

これからも今ある自分の体を大切にしていきたいと思います。

1年前に倒れてしまった時に、歩くことも立つこともできなかった頃を思うと、今は、いろいろなことができることに感謝しています。

病気にならない生き方

やよいからひとこと

管理人やよい

タカコさん、大変つらい思いをされたのですね。
快復されて何よりですが、これからもご無理をされないでくださいね。
新谷酵素を作られた新谷博士の本、私も読みました。
とても私も勉強になりました
【人気記事】更年期障害が1年で良くなった私の3つの方法

【注目記事】メニエル病と更年期障害の関係性

関連記事

記事はありませんでした

更年期障害憂鬱
朝起きて仕事に行きたくない

香川県 40代後半 尚子   更年期障害は、とて

ザクロ
ザクロサプリときなこドリンクで更年期障害改善

熊本県 40代 コッコ 女性であるからには40代に入って

ホットフラッシュ
ベルバランスサプリでホットフラッシュがおさまった

埼玉県 50代前半 Yasukoi 更年期障害、つらいで

若年性更年期障害
30代でまさかの更年期障害 

山口県 38歳 美恵子 アラフォーの私ですが、顔も体も老

更年期障害花
更年期障害について

東京都 50代 えみこ 40代の半ば位から、女性は生理の周期

→もっと見る



  • はじめまして、京都在住の やよい です。
    このブログでは更年期障害のお役立ち情報を中心に発信しています。以下、簡単な自己紹介です。
    趣味
    旅行、ヨガ、アロマ、瞑想、読書、映画とドラマ
    好きな音楽
    BUMP OF CHICKEN、エレファントカシマシ
    好きなタレント
    竹内涼真、嵐
    最近ハマっているもの
    仮面ライダー(息子と夫の影響で…)
PAGE TOP ↑